獅子と楓のてくてく日記

ポメラニアンの獅子丸と楓の日記です。たまにカメのロブ君も登場するかも・・・
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP友達犬 ≫ 虹の橋の向こう側へ・・・

虹の橋の向こう側へ・・・

ポメ兄妹の兄貴分・ハッピーさんが急逝しました。


私の叔父の愛犬・Mダックスのハッピーさん。

仔犬の頃からの一番仲のいいワン友です。

IMG_0126_convert_20160623215144.jpg

2回吐き戻しをしたので、調子が悪いようなら明日、病院へ連れて行こう、
と思っていたら、その翌朝、亡くなっていたそうです。



IMG_0156_convert_20160623215416.jpg

写真は、ハッピーさん2歳、楓さん1歳(ホントに)の頃です。



IMG_0169_convert_20160623215442.jpg

トシは、獅子君より先に10歳になったばかり。

お散歩も行って、いつも通り元気にしていたのに、本当に急だったそうです。

この時期は除草剤を散布している場所が多いので、ワンコが体調を崩したり
亡くなったりすることが多いから、除草剤の可能性もあるかもしれません。



IMG_2203_convert_20160623215532.jpg

獅子と楓に、『ハッピーさん、亡くなったんだって』 と伝えたら、ふたり首をかしげて
聞いていましたが、ハッピーさんが遊びに来てくれると思ったらしく、ワンワン吠えて
大興奮!しばらく走り回っていました。

津に住んでいた頃は、お互いの家に遊びに行っていたので、『ハッピーさんが遊びに
来てくれるって!』 というと嬉しくてワンワン言いながら走り回っていましたが
ちょうど同じ感じではしゃいでいました。

ハッピーさんのことを話したから、もしかしたら、ハッピーさんがお別れの挨拶に来て
くれていたのかもしれません。



IMG_2648_convert_20160623215655.jpg

ハッピーさんは、うちに獅子丸を迎え入れるきっかけになった子です。

叔父夫婦が仔犬を飼い始めた時、その子を見に行って、私もどうしても仔犬が
欲しくなったんです。

ハッピーさんがいなかったら、獅子丸はここにいなかったかもしれません。



IMG_0166_convert_20160623222048.jpg

しっぽをブンブン振って甘えてくれたハッピーさんを思うと、涙がこぼれます。

いつかは、虹の橋を渡るのは分かっているけど、ハッピーさん、急ぎすぎだよ!

もっとポメ兄妹と遊んで欲しかったよ、熊野ではワン友がいないから。

ハッピーさん、ありがとね、君のお陰で獅子と楓に出会えたよ。

ゆっくりおやすみ、獅子と楓と仲よくしてくれて本当にありがとう。


にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村

モトコランドのお里帰りの会や、アジリティー仲間の中でも、シニアワンコの
飼い主共通の悩みが 『この子(愛犬)がいなくなったら、どうする?』 です。
全員、ペットロス確定の人たちだから。



スポンサーサイト

Comment

編集
10歳なんてまだまだなのに。。。
ハッピーちゃん、安らかに。。。

獅子君、楓ちゃんもお友達がお空に帰ってしまって
寂しくなりますね。
2016年06月27日(Mon) 22:12
Re: まろまま∵ さま
編集
10歳にみえないくらい若々しくて元気だったのですが・・・
長く患うのもかわいそうだけれど、突然亡くなるのは飼い主には
かなりショックですよね、心の準備もなにもないですから。
私にとっても、ハッピーさんはかなり思い入れのあるワンコなので
寂しいです。
2016年06月28日(Tue) 22:38












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

けいたん

Author:けいたん
茶ポメ:獅子丸(ししまる)
2006.7.12.生まれ(♂)

白ポメ:楓(かえで)
2007.3.23.生まれ(♀)

セマルハコガメ:ロブ
推定25歳(♂)
2013.7.4.虹の橋を渡る

最新トラックバック
FC2カウンター
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ