那智の滝

楓:今日は、兄たんのヘン顔特集じゃないんでしゅか?


昨日、高校時代の友達と那智の滝を見に行ったから、とりあえずそっち
からアップしま~す。

獅子: ボクのヘン顔写真、あんまりなかったんでしょ?

そーなのよねぇ、楓さんのヘン顔は簡単にゲットできるんだけどね~。

IMG_1278_convert_20160919153228.jpg

前日の雨で水量が増した那智の滝。

離れているけど、滝の音が聞こえます。



IMG_1236_convert_20160919171512.jpg

西国三十三ヶ所第一番札所・那智山青岸渡寺。

友達が足を痛めていたので、駐車場代800円を支払い、青岸渡寺の
すぐそばまで車で上がりました。

下の駐車場からだと、かなり急な坂道と階段を上らないといけないので、
足腰の弱い方や小さなお子さん連れの方には、おススメです。



IMG_1231_convert_20160919171348.jpg

青岸渡寺のすぐ隣には、熊野那智大社があります。



IMG_1230_convert_20160919154813.jpg

立派な樟の木です。



IMG_1234_convert_20160919171414.jpg

この樟、大きな穴があり、胎内くぐりができます。



IMG_1235_convert_20160919171444.jpg

ここをくぐるそうです。

ちょっとやってみたい気もしましたが・・・・



IMG_1281_convert_20160919154534.jpg

一枚目の写真に写っている朱色の塔から見た那智の滝です。

滝全体が見渡せるので、絶好の撮影スポットですが、入塔料300円です。



IMG_1282_convert_20160919154555.jpg

滝を眺めていたら、霧が出てきました。

IMG_1283_convert_20160919154615.jpg

ゆっくりと立ち上る霧は、まるで龍のよう。

IMG_1248_convert_20160919172236.jpg

日本三名瀑のひとつ、那智の滝は、飛瀧神社のご神体です。

この地方は、原始の自然崇拝が色濃く残る場所で、例えば、新宮市の
神倉神社や熊野市の花の窟のご神体は巨岩です。

[広告] VPS

那智の滝の動画です。

ホントは、飛瀧神社もお詣りできるとよかったのですが、友達が足を痛めて
いたので断念。

瀧の飛沫を浴びるとご利益があるといわれています。



IMG_1286_convert_20160919171659.jpg

那智山から熊野灘が見えます。

あいにくの天気で、キレイな青い海ではありませんが・・・・

その昔、この海の向こうには、観音菩薩の住まう補陀落浄土があると
信じられていて、小さな船に乗り浄土を目指した僧や信者の記録が
残っています。

生きて帰ることはないので、入水往生、捨身行だったようです。



IMG_1287_convert_20160919171621.jpg

那智の滝を後にして、橋杭岩へ行きました。

この橋杭岩、その昔、弘法大師と天の邪鬼が賭をして、一夜にして立てた
という伝説があります。

火山活動と波の浸食によりできた地形ですが、いつ見ても不思議な景色
です。



IMG_1264_convert_20160919171835.jpg

少し青空が見えて、それが水面に映ってキレイでした。



IMG_1272_convert_20160919171912.jpg

ただいま~!

獅子: お母さん、お帰りなさい!寂しかったよ~!

ごめんね。



IMG_1274_convert_20160919171939.jpg

楓 : おかえりなちゃい、おみやげプリーズでしゅ♪

ないです、ごめんなさい。



IMG_1275_convert_20160919172019.jpg

獅子: こんなに長くお留守番してたのに、おみやげもない・・・・

ワンコ用のおみやげは売ってなかったです、スミマセン。



IMG_1277_convert_20160919172042.jpg

獅子: じゃあ、美味しいオヤツをだしてよ。

はいはい、それでよければ!


にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村

久しぶりの友達とのお出かけは楽しかったです♪
独身女3人、ワイワイおしゃべり&美味しいランチを堪能しました!



スポンサーサイト

Comments 2

ノエママ  

 三大〇〇、三名〇〇・・・。
二つはすぐに思い出せるのですが、三つ目が
いつも思い出せないノエママです。(^-^;)

 ちなみに三名瀑は那智の滝、華厳の滝と、
あとはどこでしたっけ?

 古典の世界では、お伊勢参りより熊野詣で
ですよね~。
 上を見上げても、下を見ても(地下奥深くまで)、
人工物に囲まれている都会に暮らしていると、
すっかり忘れてしまう自然への畏敬の念。
災害で思い出すのではなく、たまには熊野へ
行って、人間、謙虚にならんと・・・。

2016/09/20 (Tue) 08:06 | EDIT | REPLY |   
けいたん  
Re: ノエママ さま

確かに、「あと1つ、なんだっけ?」ってなりますよね~(笑)。
三名瀑、あと1つは、茨城県の袋田の滝ですよ。
那智の滝とは、趣が全く違う滝です、といっても私は実際に
見たことはないのですが・・・

今は、伊勢神宮が一番有名メジャーですが、神宮への天皇のご親拝は、
明治になってから。
熊野へは法皇・上皇が回数を競うかのように御幸されてますね~。
後白河法皇は34回も熊野詣でをされてますが、法皇としてのお仕事
しなくてよかったんですかね?1回の熊野詣でに相当日数がかかったと
思うのですが・・・

人間、一瞬謙虚になっても、すぐ自然のありがたさや怖ろしさを忘れて
しまいます。
自然いっぱいの熊野にいても、ついつい忘れてしまいますから。

2016/09/20 (Tue) 13:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
ポメラニアンの獅子丸と楓の日記です。たまにカメのロブ君も登場するかも・・・
About me
茶ポメ:獅子丸(ししまる)
2006.7.12.生まれ(♂)

白ポメ:楓(かえで)
2007.3.23.生まれ(♀)

セマルハコガメ:ロブ
推定25歳(♂)
2013.7.4.虹の橋を渡る