この子は、誰でしょう?

後ろを向いているこのワンコ。


さて、誰かな?

DSC_2336_convert_20170608125646.jpg

こっち向いて!



DSC_2338_convert_20170608125724.jpg

お耳がピンッと立って、シャープなお顔。



IMG_3082_convert_20170608125857.jpg

でも、小さい頃は、こんな丸顔♪



DSC_2339_convert_20170608125802.jpg

正解は、男前になった團ちゃん(元・団十郎)で~す!

劇的ビフォー・アフターですね(笑)。

体重は、10キロを超えたそうです!

力も強くなって、お世話係りのお姉ちゃん、なかなか大変なようです。


にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村

團ちゃんも元気そうで、よかったです♪

以下、犬育て教室の先生からの 『受け売り』 です(笑)!

お散歩で引っ張る場合は、普通のリードに結び目を2つ作ると、引っ張られた時に
そこがストッパーになり、手に引っ掛かり、ワンコの動きを止めやすくなります。
結び目の位置は、ワンコを自分のそばにピッタリ付けて動けないようになるくらい
短くリードを持った位置に1つ。※ワンコは、立った状態で。
ワンコが自分の横について歩けて、少しリードに余裕(ゆるみ)がある位置に2つ目の
結び目を作ります。

歩くときは、持ち手の輪っかを持ち、反対の手で2つ目の結び目を持っておくと、
ワンコが急に動いた時も、結び目をぎゅっと握れば止めやすく、ワンコが勝手に
動きにくくなるので、便利です。

1つ目の結び目は、他犬とすれ違う時など、自分のワンコを絶対動かしたくない時に
その結び目をしっかり握ると、ワンコを止めておきやすいです。

※その昔、楓に伸縮リードを使っていると先生に言ったら、こうアドバイスされました。
伸縮タイプのリードは、引っ張りクセを助長するし、急に動く犬をすぐには止められない
ため、他の人や犬にケガをさせる恐れがあり、散歩には向かない。
また走り出した犬を止めるのに、伸びるリードをつかむと、手にやけどや擦り傷ができる
ことがあるので危ない。

うちのポメ兄妹も、興奮するとあの小さな体のどこにそんな力があるの?っていうくらい
グイグイ引っ張りますからね~。大きい子は、なおさらです。

引っ張る子には、ジェントルリーダーやイージーウォークハーネスというグッズもおススメ。



スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
ポメラニアンの獅子丸と楓の日記です。たまにカメのロブ君も登場するかも・・・
About me
茶ポメ:獅子丸(ししまる)
2006.7.12.生まれ(♂)

白ポメ:楓(かえで)
2007.3.23.生まれ(♀)

セマルハコガメ:ロブ
推定25歳(♂)
2013.7.4.虹の橋を渡る