ボク達、熊野へ行ってきたよ

11日木曜日の夜、熊野へ出発!


ホントは、12日の夕方、熊野へ行くはずだったんだ。

でも、11日の午後5時半頃、時計屋のおじいちゃんから

電話が掛かってきた。

かめばぁばが、亡くなったって!

かめばぁば、セマルハコガメのロブ兄ちゃんのおばあちゃんじゃないよ!

お母さんのおばあちゃん。

IMG_8592_convert_20100314102004.jpg

写真は、ボクと楓の熊野での様子だよ。

かめばぁばは、 「かめよ」 って言うんだ。

生まれた時、なかなか名前が決まらなくて、何ヶ月も出生届けが

出せなかったんだって。

で、ようやく、名前を 「つる」 にしようと決めたら、近所の子供が、

鶴は千年、亀は万年だから、「かめ」の方がいいって言ったから、

「かめよ」になったんだ。




IMG_8595_convert_20100314102135.jpg

名前の通り、長生で、 96歳 でちた。




IMG_8596_convert_20100314102214.jpg

楓と兄たんは、がんばっても寿命は20年くらいでしゅ。

「かめ」さんは、長生きでしゅ。

ロブ兄たんも、今年で推定21歳でしゅよ。




IMG_8597_convert_20100314102302.jpg

かめばぁば、最近、急に弱ってきたから、先週の木曜日に、

お母さんだけ、日帰りで熊野へ行ったんだ。

弱っていても、「大丈夫!」ってVサインしたり、

ご飯を目をつぶって食べていたので、ヘルパーさんが、

「喉に詰まりますよ。」と注意したら、目をカッと見開いて

「うっ!」て喉に詰まった演技 をしてみたり、

最後まで、人を楽しませる、ユーモアのあるおばあちゃんだったよ。




IMG_8599_convert_20100314102344.jpg

木曜の朝、ちゃんとご飯も食べて、夕方、眠るように亡くなったって。

先週、お母さんが、「来週は、獅子丸と楓を連れて来るからね!」って

おばあちゃんと話をしたんだ。

もうちょっと、がんばって欲しかったな。




IMG_8600_convert_20100314102456.jpg

お正月に、かめばぁばに新年のご挨拶に行ったときは、元気だったのに。

お母さんが、ボクをおばあちゃんのベッドに乗せたら、

「それは、生きたぁるんか?」って聞いてきたよ。

最初、本物の犬だって分からなかったみたい。




IMG_8602_convert_20100314102530.jpg

ボク達が、あまりにもかわいいから、ぬいぐるみだと思ったんだってさ。




IMG_8604_convert_20100314102600.jpg

12日の朝、おばあちゃんのお家まで、歩いて行ったんだ。

ボクと楓も、かめばぁばに最後のお別れをしてきたよ。




IMG_8605_convert_20100314102658.jpg

普通に寝ているような顔だったから、「生きたぁる!」って

Vサインしてくるんじゃないかと待っていたけど、やっぱり

起きてこなかったよ。




IMG_8606_convert_20100314102728.jpg

お母さんが、おばあちゃんを見て、目をウルウルさせて、鼻をすすって

いたから、楓のトイレ用のちり紙を貸してあげまちた。




IMG_8610_convert_20100314102805.jpg

お母さん、元気出ちてくだちゃい。

おばあちゃんのことを思い出して、悲しくなったら、

いつでも楓と兄たんがなぐさめてあげましゅからね。




IMG_8611_convert_20100314102828.jpg

お通夜もお葬式も、たくさんの人が見送りに来てくれたんだ。

ボク達は、参列できないから、時計屋の2階でお留守番だったけどね。




IMG_8612_convert_20100314102906.jpg

いつもなら、時計屋でのお留守番の時は、お父さんが一緒だし、

時々、時計屋のおじいちゃん達が2階に上がってくるけど、

みんな参列するから、ボクと楓のふたりでお留守番。




IMG_8613_convert_20100314103001.jpg

だから、お留守番前にお母さんが、散歩に連れて行ってくれたよ。

でも、木曜の夜から、寝不足だったから、ボク、疲れちゃった。




IMG_8615_convert_20100314103102.jpg

お母さん達が、お通夜に行くまで、ちょって寝るでしゅ。




IMG_8616_convert_20100314103129.jpg

ボクも、お母さんに背中を撫でてもらって、ウトウトしかけたら、

ボク達の人間のいとこたちが、時計屋に到着!

仕方ないから遊んでやった。

みんなが出かけた後、ゆっくり寝たよ。



かめばぁば、96年間、お疲れ様!

ボク達のこと、見守っててね!!!



にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comments 14

Disney 鴨  

今回は大変でしたね。この2日間、新しいブログがなかったので、けいたんの身に何かあったのではないかと思っていました。そう言えば、私の祖母も2003年の2月に93才で亡くなりました。今は、色々と辛いと思いますが、元気を出して下さいね。

2010/03/14 (Sun) 16:39 | EDIT | REPLY |   
クッキーママ  

2日も更新がなかったから心配していたんです・・・
大変なことが起きていたんですね。
かめおばぁちゃん・・・最後まで幸せな人生でしたね。
ご冥福をお祈りいたします。
けいたんさんもお疲れさまでした。
ゆっくりしてくださいね。

2010/03/14 (Sun) 17:13 | EDIT | REPLY |   
ゆりここ  

ここのところ更新が減っているので私も気になっていたんです。過日けいたんさんが日帰りで里帰りされたのはこういうことだったのですね。眠るように・・・ということは大往生といってもよろしいのかしら。皆さんにた~くさん愛されて、かめばぁば♥ お幸せだったろうな~~と伝わってきましたよ。

けいたんさん、お疲れがでませんように。獅子丸ちゃん、楓ちゃんもお利口さんでしたね。
かめばぁばのご冥福を心よりお祈りいたします。

2010/03/14 (Sun) 19:24 | EDIT | REPLY |   
こきちママ  

大変だったんですね。
かめばぁばさんのご冥福をお祈りします。
うちのおばあちゃんも、2年前に96才でなくなりましたが、
大往生やなあっていう人がいます。
でも、家族、身内にとっていくつまでいきたからなんて、関係ないですよね。
やっぱりすごく悲しく辛かったです。
こればっかりは、日にちがたたないとどうしようもありませんが、
疲れがでませんように・・・
獅子くん、楓ちゃんもお疲れ様でした!

2010/03/15 (Mon) 09:54 | EDIT | REPLY |   
けいたん  
Re: タイトルなし

Disney 鴨 さま

ご心配をお掛けしました。
祖母の家に行けば、今までのように祖母がいるような気がして、
亡くなったという実感があまりありません。
多分、熊野に帰ると寂しく感じるんでしょうね。
でも、最後まで明るく、面白いおばあちゃんだったので、祖母の
ことを思い出しても、辛いというより、ちょっと笑ってしまいます。
楽しい思い出ばかりだからでしょうね。

2010/03/15 (Mon) 11:14 | EDIT | REPLY |   
けいたん  
Re: タイトルなし

クッキーママ さま

ご心配をお掛けしました。
特に病気もせず、最後まで口からご飯を食べ、
自分の家で眠るように亡くなったのですから、
祖母は、幸せだったのだと思います。
4日に帰省した時に、祖母と会話もできたので、
よかったです。

2010/03/15 (Mon) 11:24 | EDIT | REPLY |   
けいたん  
Re: タイトルなし

ゆりここ さま

急に祖母の元気がなくなったので、うちの母が、96歳という年齢も
考えて、日帰りでいいから帰って来いと言われました。
ずっと残業続きだったダンナの仕事が、3月はヒマになったこともあり、
1日休みを取って、獅子と楓を見てくれたので、4日に日帰り帰省できました。
そのおかげで、祖母と会話することもできたので、後悔せずに済みました。

楽しいおばあちゃんだったので、寂しさはあっても、辛くはないです。
祖母も、あちらでは、祖父やお友達がたくさん待っているから、寂しく
ないと思います。

2010/03/15 (Mon) 11:46 | EDIT | REPLY |   
けいたん  
Re: タイトルなし

こきちママ さま

ありがとうございます。
子、孫、ひ孫に囲まれて、苦しむことなく旅立てたので
幸せな最後だったと思います。
お通夜や告別式にもたくさんの方が来てくれました。
人の悪口を言わず、人を大切にしていたので、みなさんから、
「ええおばあちゃんやった。」と言っていただけました。

不思議と辛くはないです。
きっと自分のことより、子や孫のことを気にかけていた祖母が、
辛くならないようにしてくれているのだと思います。

2010/03/15 (Mon) 11:58 | EDIT | REPLY |   
ゆりここ  

こきちママさんのコメントを読んで、軽々しく大往生と書いてしまって失礼だったなあと反省しました。先年、祖母が88歳で亡くなったとき、お住職が「いつまでも悲しんでいるとばあちゃんが心配してあちらに逝けないから、大往生なのだと安心して送ってあげなさい」と話されたことが強く残っていて・・・それぞれ、受け止め方も哀しみも違うのにね。けいたんさん、こきちママさん、ごめんなさい。

うちも2年前に家族を亡くして、朝晩、読経しているので、改めて、おばあさまのご冥福を祈らせていただきます。

2010/03/15 (Mon) 12:18 | EDIT | REPLY |   
けいたん  
Re: タイトルなし

ゆりここ さま

いえいえ、お気になさらずに!
人によって受け止め方は様々だと思いますが、
「大往生だった」と言ってもらえるような人の人生は、
きっと幸せな人生だったのだと思いますよ。

2010/03/15 (Mon) 12:40 | EDIT | REPLY |   
ロックママ  

コメント遅くなってごめんなさい。
かめおばあちゃまのご冥福を心よりお祈りします。

今はまだあまり実感がわかない感じでしょうか・・・
近しい家族などは、お葬式やその後の法要、手続き、諸々の手配などで忙しかったりもしますもんね。
うちも昨年12月に祖父を看取った際もけっこういろいろありました。
お寂しいでしょうけど、「あのばあちゃん~やったなぁ」っていい思い出をあとから皆で話せたら、残された者も慰められるでしょうし、おばあちゃまへのご供養にもなるんでしょうね。
けいたんさんやご家族様、お疲れのでませんようにご自愛下さいね。

それにしても、獅子丸君・楓ちゃんのいつもどおりのというか自然体にだいぶ救われますね。
食べて寝てお散歩して・・・普段どおりいてくれる存在がいると心のブレが少なくてすむ気がします(*^^*)
素敵な記事だとしんみり&じんわりしました。

2010/03/16 (Tue) 01:26 | EDIT | REPLY |   
こきちママ  

けいたんさま
ゆりここさま

きのうは、なんだか私のコメントで、もっと気を使って書くべきだったと、
反省してます。
どうか、気を悪くなさらないように・・・
ごめんなさいね。

2010/03/16 (Tue) 10:29 | EDIT | REPLY |   
けいたん  
Re: タイトルなし

ロックママ さま

ありがとうございます。
祖母は、病気で苦しむこともなく、最後までご飯を食べ、
住み慣れた我が家で永遠の眠りについたので、私も寂しさは
ありますが、「おばあちゃん、よかったなぁ」という気持ちです。

今も、獅子丸が膝の上、楓がカボチャクッションの上で寝ています。
彼らのおかげで、悲しみから、すんなり日常に戻れました。

それに、かなり愉快なおばあちゃんだったので、思い出話をしても、
しんみりすることもなく、自然と笑ってしまう感じです。

2010/03/16 (Tue) 14:37 | EDIT | REPLY |   
けいたん  
Re: タイトルなし

こきちママ さま

どうかお気になさらずに!
人によって、言葉の感じ方、捉え方は違っていて当然です。

私には、私を気遣ってくださる、こきちママさんとゆりここさん、
2人の気持ちがちゃんと伝わって嬉しかったのですから!
それで十分です。
こきちママさんもゆりここさんも、もう悩まないでくださいね。

おふたりとも、気にしすぎですよ~。
このお話は、これでお終い!

私は、優しいワンコ仲間がいてくれて幸せです♪

2010/03/16 (Tue) 14:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
ポメラニアンの獅子丸と楓の日記です。たまにカメのロブ君も登場するかも・・・
About me
茶ポメ:獅子丸(ししまる)
2006.7.12.生まれ(♂)

白ポメ:楓(かえで)
2007.3.23.生まれ(♀)

セマルハコガメ:ロブ
推定25歳(♂)
2013.7.4.虹の橋を渡る